お気楽ミニマムラボ

幸福な日常のための心と身体のミニマム化実験

ミニマリストは語る 子供の大学は地元で

スポンサーリンク

アマノメです

 

ミニマリストなら当然 大学は自宅から通える

ことが第1選択です。

仕送りが大変であることは もちろんですが、

就職後の生活も 自宅からなら余分な生活費が

かかりません。東京の大学に無理に進学したら

就職は自動的に東京になりがちでしょう。

 

東京で就職して高い家賃や住宅購入費用や

生活コストを考えれば 大企業に就職しつつ

地元暮らしが最も生活に余裕があることは

考えるまでもありません。

そんな上手くいくかは別にして狙う方向性の

問題ですが。

 

我が家の場合は、地方といっても名古屋市

岐阜市までなら一宮駅から10分ほどで 家から

一宮駅までもクルマで10分と地理に恵まれて

いますし リニアが完成すれば東京もすぐと

なります。

 

インターネットのおかげで 全国からモノは手に

入ります。情報もね。

 

もちろん 東京やその近郊に自宅を持っている

なら別でしょうがね。

 

地方暮らしの方が 子供を頑張って東京の大学に

送りだすのはかなりお金に余裕のある富裕層で

ない限り無理する必要はないと考えます。

 

東京の優位がいつまでも続くことは考え難いと

思っています。

グーグルやアップルの本社はカルフォルニア

アマゾンはシアトル。

日本はやたら東京ですが これからは変わると

考えるのが普通でしょう。

 

観光地としては京都の価値が国際的に高く

なっているように 特色ある長所が 必要な時代

ですもの。

 f:id:amanome:20170328140729j:image

品川と名古屋を40分で結びます。

時代はドンドン変わっていきます。

 

もちろん大学をでたあとは大人なんだから

子供の好きなように生きれば結構。

重要なのは論理的思考をそれまでにしっかり

身に付けることですね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ