お気楽ミニマムラボ

幸福な日常のための心と身体のミニマム化実験

部屋には何も置かない

スポンサーリンク

 

アマノメです

 

f:id:amanome:20170616085353j:image

部屋には何も置いてません。

昔の日本人の暮らしと同じで 普段は

何も置かずに 布団を敷いて寝室にしたり

折りたたみの座卓を出してパソコン置けば

書斎に変身です。

 

家には他にも部屋がありますから

応接間の机を書斎に使ってもいいし

和室の座卓や子供達の勉強机もあります。

 

あるモノを有効に使えば 狭い部屋で無理に

机を置くこともありませんね。

 

地方で3世代同居ですから家はそこそこ

大きいので いろいろ工夫すればもっと

快適に暮らす方法はあるはずです。

 

人それぞれ好みや生き方は違って当然!

スッキリ快適にすごせれば難しく考える

必要はありませんね。

 

モノさえ少なければやり方はいろいろ。

ミニマリストのいいところは自由度がます

ことですね!

 

臨機応変 好きな言葉です

 

狭いところにごちゃごちゃモノが置いて

あると誰でもいい気持ちはしませんね。

そのイヤな気持ちが風水で言う気が澱んで

いるなんて話の正体ですね。

 

物事は関係性の中での問題です。

環境から受ける印象が人間の脳に与える

影響が運がいい悪いの原因のひとつです。

 

自分の脳が快適に感じる環境をどうつくるか?

ミニマムな生活が運を呼び込んだり

人生を変える秘密です。

 

ミニマリストは快適か快適でないかを

人生の羅針盤にしましょうね!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村