お気楽ミニマムラボ

幸福な日常のための心と身体のミニマム化実験

ミニマリスト 家は三代引き継ぐ

スポンサーリンク

 

アマノメです

 

財産は三代でなくなるなんていう話は

日本の相続税が高いので三代でなくなって

しまうという訳ですが、実際はお金持ちは

代々お金持ちの場合が多いよね。

その謎のひとつを解いてみましょう。

 

人生で1番お金がかかるのが 住宅費だよね。

日本の家は30年で建て替えなどと言われて

いますが、これこそモッタイナイよね。

やっとローンを払い終えたら立て直しじゃあ

いつまで経っても貧乏のまま。

 

逆に考えれば家の価値は20年過ぎると

どっと下がるので相続税が安くすみ

親子で家を引き継げば子供の世代の負担が

大きく減少します。

そこで考えられるのが、リフォームしやすい

家ですね。

 

そういう意味では木造注文住宅を地元の

工務店で建てるのが、1番コスパが

高いんじゃね〜

ハウスメーカーの家が高いのは住宅展示場に

行った人なら知ってるよね。

 

 

木軸工法の家は リフォームの際に設計の

自由度が高くて便利ですね。

地元の工務店ならコスパも高く

(無駄な広告費や人件費がない)

結局1番お得ですね。

 

メンテナンスも大切で雨漏りのないこと

シロアリがいないことが大切で 柱は太い

方がいいね。

 

また無駄に大空間をつくらない事も

大切ですね。

古い日本家屋が地震に弱いのも入母屋造の

ような極端に屋根が重い設計や石の上に

柱が乗っているような古い家の場合で

実際には木の家は 長く住むことが出来ます。

 

親子で引き継ぐのなら 小さな家にする必要

もないでしょうし お金持ちは 和風住宅を

建てる人が多いよね。

 

本宅は大きな家で 子供世代は近くや敷地内に

小さな家を建てる方法もありかな。

f:id:amanome:20170626143944j:image

 

結構 金の掛かった家ですから構造体は

100年は大丈夫でしょう。

金はないけど借金もないのでうまくリフォーム

すれば相当永く住めますよね。

子供の負担はかなり軽くなる訳ですね。

家がないまでも土地があるだけでも随分

違いますからね。

 

年金暮らしを考えても、持ち家の方が

有利ですよね。

目先の現金ばかりではなく 長いスパンでの

資産形成を考えなくてはいけません。

 

ミニマリストの小さな暮らしも大いなる知恵

ですが 応用することで豊かな暮らしも

実現出来るはずです。

夢がありますよね。

大きな家でゆったり のんびり スッキリ

暮らす生活もいいもんですね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村