お気楽ミニマムラボ

幸福な日常のための心と身体のミニマム化実験

妖怪 人さらいと ミニマムな暮らし

スポンサーリンク

アマノメです

 

    日曜日の朝になるとわたしの父が長男くんを        

    喫茶店に誘いにくるんです。

    父は免許を返納してしまったので 普段は

    自転車で喫茶店へ行っています。

 

    長男くんの運転で喫茶店に行くのが

    嬉しいようで 長男くんを誘いにくるのです。

 

    次男くんが朝 じいちゃんがにいちゃんを

    さらっていった。「妖怪 人さらいが出た」

    なんて言ってます。

 

    長男くんの今乗っているクルマはじいちゃん

    が乗っていたのをもらったクルマですから

    喫茶店ぐらい一緒に行かなきゃね!

 

    3世代同居は 究極のシェア暮らしで ある意味

    普通の家族が豊かに暮らすための知恵です。

    各世代がバラバラに暮らせばコストは大きく

    余分にかかってしまいます。

 

    東京のように家や土地が高くてスペースも

    狭い暮らしが日本の基準になって

    しまっているだけで 地方暮らしや都会でも

    富裕層には3世代同居も結構いる気が

    しますがね。

 

    f:id:amanome:20170827084005j:image

 

   ミニマリストはモノをシェアして

   モノを少ししか持たないようにしますが

   これは時代の要請で ネット社会は自然に

   共生とか共有とかの概念が基本の時代に

   なって行くんじゃないかな?

  

   その共生したり共有したりするための

   コミュニティが家族であったり会社で

   あったり社会であったりするわけですね。 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村