お気楽ミニマムラボ

幸福な日常のための心と身体のミニマム化実験

ミニマリストの息子はモノにこだわりナシ

 

アマノメです

 

  大学院一年生の長男くんは就職活動で

  インターン(職場体験)中

  今日も インターンに駅までクルマで送ろうと

  すると コートがホコリまるけ

 

  後ろからホコリを落とそうとしても落ちない

  のでよく見れば コートに穴が

 

f:id:amanome:20171219105609j:image

   なんじゃ〜コリャ〜

 

  そのまま 穴のあいたコートを着て行こうと

  する長男くんを止めて 私の買ったばかりの

  マウンテンパーカーを

  「これ着てきな!」

 

  長男くんは 物持ちがいい  というより

  ミナリを構わない

  くつ下や下着は穴があいても平気で

  若いのにどうよ!

 

  子供のころから 満たされた年代には

  いがいによくいるタイプらしいです。

  かといってミニマリストではなくて

  モノを捨てないのでモノで溢れている。

  部屋は正直言ってグチャグチャ

 

f:id:amanome:20171219105629j:image

 

  モノ自体には あまりこだわりはなさそう

  ですが、なぜかダウンジャケットは着ない

  など独特の価値観はあるようす。

  たまに片付けてみても3日と持ちません。

 

  クルマも祖父からもらったビッツに喜んで

  乗っていますし 就職したら 買い替えよう

  なんて気持ちも さらさらないようで

  はやく彼女と結婚することしか興味が

  なさそうです。

 

  考え方はミニマリストだね!

 

  私も若い頃には 本や漫画を集めた時期も

  あったので また変わる時もくるんじゃ〜ないの?

 

  できれば綺麗にしてもらいたいけど

 

          まぁ  いいかぁ〜