お気楽ミニマムラボ

幸福な日常のための心と身体のミニマム化実験

図書館は自分の本棚と思う

 

アマノメです

 

  子供の頃から無類の本好きで、小遣いは

  すべて本につぎこんでいました。

  本棚には大量に本が並んでいました。

 

  今は自分の本は1冊も持っていません。

 

  図書館をヘビロテするようになったら

  読みたい本の興味のある場所だけ読んで

  満足するようになりました。

 

  また読みたくなったらもう一度 同じ本を

  借りて読めばいいだけ。

  自慢じゃありませんが 5回も6回も同じ本を

  借りることだってあるよ。

 

  図書館を自分の本棚だと思う。

  図書館に本を貸し出ししていると考える。

 

  これで 自分の家に本を置いておく必要も

  本にお金をつぎ込むこともなくなりました。

 

  家からクルマで15分以内の場所には 大きな

  図書館が3箇所も

f:id:amanome:20180406085933j:image

f:id:amanome:20180406085942j:image

f:id:amanome:20180406085949j:image

  ほとんどの本を読むことができます。

  読みたい本がないならリクエストして

  みたらどう?

  

  自分のものにしておきたいと言う

  心をどうやって捨てるか?

  これがミニマムライフが成功するか

  失敗するかの別れ道

 

  本好きなら まづは図書館に行ってみたら

  いいんじゃないの?