お気楽ミニマリストの日常

脱力系ミニマリストの雑記ブログ

西条秀樹さんに思う何かを手に入れるには何かが犠牲になる話

スポンサーリンク

 

アマノメです

 

  西条秀樹さんが、亡くなった話で ネットの

  記事を読んでいて 思ったんですが、

  頑張り過ぎていたんじゃ〜ないかなぁ〜

  ってことです。

 

  私も50の時に末期癌と言われましたが、

  生き方に 問題があるよっていう自分自身

  からのメッセージなのかな?

  なんて考えたわけです。

 

  西条秀樹さんは若い時から大スターで

  尋常じゃない忙しさのなかで暮らしていた

  んでしょう。

  タバコを1日に4箱も吸っていたなど

  かなりストレスもあったはず。

  中年以降も体型を保つための無理な

  ダイエットや糖尿病 それに伴う一度目の

  軽い脳梗塞

 

  ここで人生を大きく変えていたら また違う

  人生になっていたのかも?残念です。

 

  二度目の脳梗塞の後の芸能活動復帰のための

  かなり辛そうなリハビリ。のんびりと余生を

  送る選択もあったかも?もちろん 年をとって

  からの結婚で子供達や奥さんを養って

  いかなきゃ〜なんてプレッシャーもあった

  と思う。

  きっとまじめな人だったんだね。

 

  無理は若いうちには 必要な時期も

  あるでしょうが、どっかで生き方を

  変えていかないと 精算しなくてはいけない

  時がくるように思います。

 

  中年以降は力を抜いて生きる方が

  いいみたい。いろんな人をみてきて

  そうな風に思うけど どうですか?

 

  何かを手に入れるためには 何かを

  失ってしまいがち。

f:id:amanome:20180525093608j:image

  謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

  みなさん 自分をよく振り返ってみましょう。