お気楽ミニマリストの日常

脱力系ミニマリストの雑記ブログ

年金があてにならない時代だから大家族主義もありかな?

スポンサーリンク

 

アマノメです

 

  3世代6人家族の我が家ですが、年金が

  あてにならない時代だからこそ 大家族って

  方法もあるんじゃ〜ね〜のかな?

 

  考え方を変えれば 家族と言う単位で

  家や生活環境をシェアしてるわけで

  シェアハウスが今風なら 大家族も選択肢の

  ひとつじゃ〜ないのか?

 

  問題は世代間での距離の取り方だよね。

  結婚で他人が入る難しさは当然あるけど

  ニートなんかも収入を親世代に頼っているから

  問題なだけで 独身のうちは一緒に暮らす方が

  食事の用意から洗濯 掃除まで絶対メリット

  多いのはずですね。

 

  住宅ローンはもとより 電気ガス水道等

  生活インフラの基本料金は 人数が多いほど

  単価が下がるのは当然で 核家族が高くつくに

  決まってます。

 

  昔とは親と子供の関係も変わってきてるから

  これからは 大家族がまたふえてくことも

  考えられますね。

  夫婦共働きが ふえれば小さな子供の世話にも

  親世帯が活躍するんじゃないの。

 

f:id:amanome:20180104184530j:image

 

  常識なんて時代や地域で変わっていくから

  核家族が常識なのも今だけかも?

  まだまだ 平均寿命はふえていくでしょうし

  出生率がもし改善しても子供がふえて結婚する

  年齢になるまで何十年もタイムラグがあるから

  今の年金制度で生活するのは難しくなるのは

  確実だもんね。

 

  老人の介護問題もより大きくなるだろうし

  解決するヒントのひとつになるでしょうね。

 

  メリットを最大にデメリットを最小に

  そんな間取りを考えれば 二世帯住宅も

  いいと思うよ。