お気楽ミニマリストの日常

脱力系ミニマリストの雑記ブログ

電子データーだっていらないモノは捨てるべきだよ

スポンサーリンク

 

 ミニマリストがよく電子書籍にして本をなくせ ば本棚

 や書籍のスペースの分部屋が広く使えてオススメ

 なんて記事をよくみます。

 

 確かにおっしゃる通りなんですが、そなままでは

 読む必要のない本を読み返したり、データーを

 探し難くて手間が減らない。

 

 本が、目の前からデーターの世界へ移行しただけで、

 場所が変わっただけなんです。

 もちろん全部捨てろなんてわけじゃなく 読まなく

 なってもう読むつもりがないデーターはなくした方が

 言いよって話です。

 

 返って目の前にないだけに電子データーは厄介で

 モノが多すぎるとあってもまた同じモノを買って

 しまうみたいにあるのかないのかもわからなく

 なってしまうわけです。

 

 ならデーターをアイウエオ順とか購入した日付け順に

 したらなんて話が必ずでてくるけど そ〜じゃない。

 捨てなきゃ〜ケリがつかない。

 

 ミニマリズムの原理はどう必要ないモノを

 減らして脳のメモリーを消費しているタスクを

 どうなくしてしまおうかということで 現実か

 仮想メモリーかは 脳をざわめかせることとしては

 同じなんです。

 

 だから 本だろうが、音楽データだろうが、

 データーはモノと同じだと思って、いらないなら

 捨てる。これが正解だよ。

 

f:id:amanome:20190109111820p:image

 

 このアイコンの少ないのに注目⁉︎

 自慢じゃないけど 朝から晩までイジリ

 まくりのヘビーユーザーだけどこれだけ

 

 因みに電子書籍も音楽データも自慢じゃない

 けど読んだら捨てるから何ひとつもってません。